無関係だと思っていた! 個人型確定拠出年金の落とし穴

 こんにちは、ユウ子です。

 個人型確定拠出年金、通称iDeCo(イデコ)、やっていますか?

従来のiDeCoと新しいiDecoの違い

 「そもそもiDeCoとは何ぞや?」と言う方は、こちらをクリック。

リンク iDeCoのキホン(iDeCoガイド)

 公的年金に上乗せする形で、自分の知恵で資産を築き上げていくiDeCo。今まで加入対象となっていたのは、自営業者などで第1号被保険者と呼ばれる方と、確定給付型年金や企業型確定拠出年金のいずれも実施していない会社にお勤めされている会社員の方のみでした。かなり対象者が限定されていた制度です。

 しかし、2017年1月の法律の改正により、加入できる方が大幅に増加しました。公務員の方や、収入がない専業主婦の方が新たに対象となることを知っている方は、多いのでありませんか。

 そして、私はてっきり、それだけかと思っていました。

私の年金環境

 私の勤め先は、確定給付型年金と企業型確定拠出年金の両方を採用しています。入社したばかりの初々しい頃、確定拠出年金の意味も分からず、商品の比率をすべて元本保証の定期性商品にしていたのを思い出します。

 iDeCoの存在を知ったときは、投資信託に対する抵抗もなかったので、なんて魅力的な制度だと大変気になりました。ただ、私はそのとき詳しく調べることはしませんでした。「公務員や主婦などの企業型確定拠出年金を使えない方が対象ならば、会社で既に企業型確定拠出年金をやっている自分は、関係ない」と諦めていたのです。なんて愚かなこと。過去に戻れるのならば、取り敢えず1発殴るところです。

年金がある会社員も利用できるなんて知りませんでした

 定期性商品のまま放置していた企業型確定拠出年金を1度見直そうと、手に取ったのがこちらの書籍です。イラストや図が多く、半端な知識しか持ち得ていなかった私でも、ぐいぐいと読み進めることが出来ました。

 そして、その書籍の中で知った、私としては衝撃な事実があります。

「SBI証券」様の「iDeCo(個人型確定拠出年金)概要」より

 混雑する通勤電車の中、目を丸くし3回読み返した私は、心の中で叫びました。「――私、iDeCo出来る!」と。

 ずっと、企業型確定拠出年金と個人型確定拠出年金の併用は不可能と認識していました。しかし、上記の画像を見ていただくとお分かりかと思いますが、今般の法改正により、企業にお勤めしている会社員ほぼ全員が、例外なく個人型確定拠出年金を始めることができます。投資信託のブログをやっている方々が次々と「iDeCo始めました」と記事を書いているのを尻目に悔し涙を流し続けた私の半年間が、完全に無駄だったと証明された瞬間でした。

iDeCo開設に向けて動き出します

 制度上、私でも加入できることが判明しました。なので、早速金融機関から資料を請求し手続きを……と言いたいところですが、悲しいことにそう簡単にはいきません。確定給付型年金と企業型確定拠出年金を導入している勤務先の場合、規約などで毎月の掛け金の上限やそもそも個人型確定拠出年金に加入できるかどうかを確かめなければならないようです。規約を探すなり人事部に問い合わせるなり正直面倒臭いですが、自分の将来に関わってくることなので全力でやっていこうと思います。