株価指数のMSCIとは? 投資信託のベンチマークに多いようです

 こんにちは、ユウ子です。

 インデックス型投資信託やETFのベンチマークとして登場する株価指数の1つ、MSCIについて纏めてみます。

関連記事:株価指数シリーズ

MSCIとは

 アメリカに本社がある金融関係の会社です。MSCIの意味は、モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(Morgan Stanley Capital International)の頭文字を取ったものとされています。

 株式時価総額は、2018年1月現在で約126億ドル。1ドル=110円と仮定した場合、日本円で約1兆4,000億円となります。なかなかの規模ですね。

 当会社が算出している株価指数は、世界各国で用いられ、勿論日本でも、ETFや人気が高い投資信託のベンチマークとされることが多いです。

リンク MSCI Official Web Site(英語)

 リンク先イメージ映像の下部に、各指数の現在値が表示されています。クリックすると、指数の構成銘柄などを簡単に纏めたpdfファイルを閲覧できます。なお、ウェブサイト同様、全文英語表記なのでご注意ください。

MSCIの主な株価指数

2018年1月現在

MSCI ACWI Index

 先進国23か国と新興国24か国の計47か国の2,500近い銘柄の大型株と中型株で成り立っています。正確には、後述のMSCI World IndexMSCI Emerging Markets Indexの選定国をそのまま合わせた銘柄構成です。

 ちなみに、All Country World Indexの各頭文字を足したものがACWIの意味です。

MSCI World Index

 先進国23か国の1,600以上の大型株と中型株で構成された指数です。時価総額が40兆ドルを超えるとてつもなく巨大な規模を誇っています。

 ただし、国別構成比率は23分の1ずつではなく、アメリカが6割、次点で日本、イギリス、フランス、ドイツと続いています。よって、アメリカの影響を強く反映する形となります。

国別構成比率と上位5か国の割合

 以下にて、構成国をアルファベット順にて掲載します。面白いことに、中国が新興国扱いなのに対し、特別区の香港が先進国の数に含まれています。

  • オーストラリア(Australia)
  • オーストリア(Austria)
  • ベルギー(Belgium)
  • カナダ(Canada)
  • デンマーク(Denmark)
  • フィンランド(Finland)
  • フランス(France)
  • ドイツ(Germany)
  • 香港(Hong Kong)
  • アイルランド(Ireland)
  • イスラエル(Israel)
  • イタリア(Italy)
  • 日本(Japan)
  • オランダ(Netherlands)
  • ニュージーランド(New Zealand)
  • ノルウェー(Norway)
  • ポルトガル(Portugal)
  • シンガポール(Singapore)
  • スペイン(Spain)
  • スウェーデン(Sweden)
  • スイス(Switzerland)
  • イギリス(UK)
  • アメリカ(US)

MSCI Emerging Markets Index

 新興国24か国の800以上の大型株と中型株で構成された指数です。

 国別構成比率の上位は、中国を筆頭に、韓国、台湾、インド、南アフリカとなっています。ただし、アメリカが半数以上を占める前述のMSCI World Indexと違い、こちらのトップシェアの中国は3割ほどなので、MSCI World Indexよりは少しマイルドな内容になっているかと思われます。

国別構成比率と上位5か国の割合

 以下にて、構成国をアルファベット順にて掲載します。

  • ブラジル(Brazil)
  • チリ(Chile)
  • 中国(China)
  • コロンビア(Colombia)
  • チェコ(Czech)
  • エジプト(Egypt)
  • ギリシャ(Greece)
  • ハンガリー(Hungary)
  • インド(India)
  • インドネシア(Indonesia)
  • 韓国(Korea)
  • マレーシア(Malaysia)
  • メキシコ(Mexico)
  • パキスタン(Pakistan)
  • ペルー(Peru)
  • フィリピン(Philippines)
  • ポーランド(Poland)
  • ロシア(Russia)
  • カタール(Qatar)
  • 南アフリカ(South Africa)
  • 台湾(Taiwan)
  • タイ(Thailand)
  • トルコ(Turkey)
  • アラブ首長国連邦(UAE)

MSCI Emerging Markets Indexをベンチマークにした投資信託

MSCI Kokusai Index

 先進国を対象とした株価指数のMSCI World Indexより、我が日本を差し引いた先進国22か国約1,300株の株価指数です。時価総額は4,000兆円。

 日本抜きの株価指数と言うことで、まさに海外株式に投資したい日本人のためにある株価指数です。そのため、数あるMSCIの中で、ずば抜けて取り扱いが多いです。

上位5か国の割合

MSCI Kokusai Indexをベンチマークにした投資信託

人気が高い投資信託のMSCI率はとても高いです

 今回記事を書いて一番驚いたのは、手数料や資産配分の点で比較されることも多い、eMAXIS、たわらノーロード、iFreeの3種類の8資産均等型の先進国株式のベンチマークが同一であったことです。また、その同シリーズの単発の先進国株式についても言わずもがな。

 そして、わたしが保有している4つのバランス型投資信託すべてが、新興国株式のベンチマークにMSCI Emerging Markets Indexを採用していることが浮き彫りになり、投資信託の勉強不足が露出した形となりました。まだまだ学ぶことは多いようです。

 次回は、MSCIとは別の株価指数についてのお話をさせていただこうと思いますので、宜しくお願い致します。それでは。