Kindleを収納する袋の作り方を紹介します

 こんにちは、ユウ子です。

 Kindleにカバーをつけたくはないけれど、むき出しで鞄に入れておきたくないので、自己流でKindleを入れる袋を作りました。

完成予定図

 中綿入りで裏地付きのタイプになります。

用意するもの

  • 表地 / 38cm × 15cm
  • 裏地 / 38cm × 15cm
  • キルティング生地(キルト芯) / 35cm(35.5cm) × 12.5cm
  • 細いリボンや紐 / お好み(筆者は10cm)
  • ボタン / お好み(筆者は直径3cm)
  • ボタンの大きさに合うようにリボンや紐の長さは調節してください。

    工程1:ボタンを留めるループを縫い付ける

     表地を表に(柄が見えるように)し、短辺(15cm)の真ん中に、ループの輪が内側を向くように仮縫いをします。

     このとき、縫い代(1cm)よりも内側には、縫わないでください。0.5cmから0.7cmほどを目安にすると良いと思います。

    工程2:表地と裏地の短辺を縫い合わせます

     表地と裏地を中表に(表地と裏地の柄が向き合うように)重ね、両端の短辺を縫い代1cmで縫います。ただし、短辺を端から端まですべて縫うのではなく、ループを縫い付けていない側に返し口を作っておいてください。返し口の幅はほどほどに余裕がないと、表に返すときに苦労します。

    工程3:表地と裏地の長辺を縫い合わせます

     まず、両端の短辺の縫い代をアイロンで割り開きます。次に、表地と裏地の長辺の真ん中をそれぞれ谷折りに(表地と裏地の柄が各自向き合うように)し、両長辺を短辺と同様縫い代1cmで縫ってください。

    工程4:中表で縫っていた生地を表に返します

     返し口より生地を表に返し、まつります。私はこのとき、まつる前に、キルティング生地(キルト芯)を返し口から押し込みました。手芸の上手な方は、接着キルト芯や事前に仮縫いをすることで対処してください。恐らくそちらの方が手頃で簡単だと思います。

    工程5:ボタンをつけます

     生地を表に返したときに出てきたループの位置に合わせるように、ボタンをつけてください。少し留めづらいと感じる方が、鞄の中などでうっかり外れてしまう可能性が低くなります。

    完成! 作業時間は2時間から3時間ほどかかりました

     お昼過ぎにスタートし、夕方には終わっていたので、多分作業時間はそれくらいです。

     一応、ボタン付け以外の工程は、すべて家庭用ミシンで行いました。

     また、かがり縫いはとーっても面倒だったので、市販のほつれ止めを使っております。経験上、手縫いなりミシンなりでかがり縫いをするのと比べると、2分の1から3分の1くらいの時間差がある気がします。

     と言うことで、手芸はどちらかと言うと好きだけれども、商品として販売できるほどの本格的な技術も道具も才能もない人間の、「This is the 我流」満載のハンドメイド記事でした。